オフィスアワーがそろそろ始まるよ!()

debug

デバッグ時に利用できる機能が多数あります。多くの機能は、OSでホストされた状態で動作します。

定数

  • runtime_safety: ブール型の値で、リリースモードがDebugReleaseSafeのときはtrue、リリースモードがReleaseFastReleaseSmallのときはfalseが返ります。

構造体

DebugInfo

実行バイナリのデバッグ情報にアクセスするための構造体です。プラットフォームごとにコンパイル時に異なる型を返します。

プラットフォーム デバッグ形式
macosx, ios, watchos, tvos OFileTable
ueif, windows PDB + COFF
linux, freebsd, netbsd DWARF

ノート: linux, freebsd, netbsdについては、DwarfInfo構造体をそのまま返します。それ以外のプラットフォームでは新しく無名構造体を作成します。

  • getSelfDebugInfo() !*DebugInfo: 実行バイナリ自身のデバッグ情報を取得します。
  • openSelfDebugInfo(allocator: heap.Allocator) !DebugInfo: 実行バイナリ自身のデバッグ情報をオープンします。

関数

  • warn(comptime format: []const u8, args: ...) void: 標準エラーにフォーマットされた文字列を出力します。
  • assert(ok: bool) void: oktrueであることをアサーションします。okfalseの場合、安全性保護付き未定義動作を引き起こします。この関数は、ビルドモードがReleaseFastReleaseSamllのときは、最適化により取り除かれます。
  • panic(comptime format: []const u8, args: ...) noreturn: 意図的にパニックを引き起こします。引数にメッセージを与えることが可能です。
  • printError(comptime fmt: []const u8, args: ...) void: エラーを標準エラーに出力します。
  • printHint(comptime fmt: []const u8, args: ...) void: ヒントを標準エラーに出力します。
  • printInfo(comptime fmt: []const u8, args: ...) void: 情報を標準エラーに出力します。

☰ 人の生きた証は永遠に残るよう ☰
Copyright © 2018-2019 connectFree Corporation. All rights reserved.
Zen, the Zen three-circles logo and The Zen Programming Language are trademarks of connectFree corporation in Japan and other countries.